第1に考えられるのが

現実にパソコンの前に座りリアルタイムで変動しているマーケットを見ていると、すぐにトレードをしなくてはいられないという感情が沸き起こる方も多いと思います。スキンケア

しかし、漠然とした思いつきで売り買いをするのだけは、間違ってもしてはいけません分かっていると思いますが、マーケットは1日中、休みなくどこかの市場は開かれているし、レートも常に、変動しています。立川 司法書士

だからといって、売り買いを積み重ねるとその回数分だけマイナスになるリスクが増します。YYC

当然、取引の回数を経験することによって、じょじょに勝つ確率か半々になるのは事実。鈴鹿サーキットのファミリーキャンプ

でもその事は「明確でないアイデアで取引」することとは別の問題です。ディズニー英語 料金

エントリー回数を積む事の意味は、「ここはいける」と感じた勝算を得られた場合の取引回数を重ねるという意味です。アンボーテ

ただ、絶え間なく売買を繰り返すのとははっきりと異なります。アコム

外国為替市場の戦いに負けないためには、あなたが主体的にけじめをつけることが必要です。プラセンタの効果・効能まとめ

「ここだ!」と感じた為替相場の時には、迷うことなくポジションを積み増して集中して利益を狙います。ミュゼの予約でやりがちなこと

「分かりにくい相場でどう上下するのか読めないな」と思った時は潔く売買ポジションを全部諦めて何もしない。マユライズのお試しキャンペーン

このぐらいのけじめをつけた方が売り買いは勝てます。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

実に言葉どおりだと思います。

為替取引とは、いつでも売買ポジションを持つことが大切ではなく、どのポジションも持たないでじっとしていることも場面によっては取引です。

じゃあ、いつ、休むべきなのでしょうか。

第1に考えられるのが、前述したように、直近の市場が明確に見通しがきかない時ですこれからどうなるのか決断できない時は、ヘタに動くと、自身で考えた脚本とは逆方向に外国為替相場が変動してしまい、損失を被ることになる。

だから、そういった場面ではポジションを無くしてそのまま静観しているのが良い方法です。

もうひとつは、あなたの体の調子が思わしくない時です。

体の調子と相場に関係しないと考える方もいるだろうが。

実は考えている以上に影響します。

体の状態が悪い時は、市場の肝心なところで、冷静な決断を下すことが出来ない場合が多くなります。

気分が乗らない時はFXから距離を置くことも大事なことだ。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.galerieevefontaine.com All Rights Reserved.