保有する事が重要ではなく

PCのディスプレイの前に座って止まることなく動いている為替相場をご覧になっていると、すぐに注文をしたくなるという欲求が生まれる人も多かったりします。ライザップ 池袋

だがしかし、不明瞭な感覚で売り買いをするのだけは、避ける必要があります。ライザップ 那覇

知っての通り、相場は1日中、いつでもどこかで為替相場は関いているし相場もいつでも変動しています。ライザップ 千葉

そうであっても、頻繁に注文を積み重ねると、その分損をする危険が増します。viagogoチケット

当然、エントリーの数を経験することによって次第に儲けられる確率か五分五分になるのは周知の通りです。ライザップ 梅田

けれどもこの事実は「ぼんやりとした思いつきで注文」することとは別の話だ。アイハーブ

トレード回数を重ねるとは自ら「ここはいける」と思いついた勝機を持った場面でのエントリー回数を積むという事です。

ただ何となく、次々とトレードを繰り返すのとはかなり違います。

市場の戦いに臨むには、己で意識的に緩急をつけることこそが大切です。

「ここで勝負」と思えた市場の時にはポジションを多くして儲けを追求します。

「何となく頭をかかえる相場で、どう上げ下げするのか予想できないな」と思い至った時は、潔く所持ポジションを見切りをつけて放置します。

このくらいのテンポでやった方が、最終的に売買は勝利します。

外国為替市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

まったくその通りだと思います。

為替とは、いつでも売買ポジションを保有する事が重要ではなく、何も所有せずじっと待っている事も状況によっては、外国為替相場です。

そうであるならば、どういう場面で、休めばいいのでしょうか。

第1に考えられるのが、前に述べたように、これから先の為替相場が難しいときです。

これから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は、思いつきで行動すると、自分自身で書いた台本とは反対の方向に市場が変化してしまい損してしまいます。

そのため、そういった時はポジションを諦めそのまま見ているだけが唯一出来る事です。

次に、自分自身のコンディションが思わしくない時です。

体の状態と市場に関係がない考える投資家もいますが実際にはかなり関係がある。

体の状態が思わしくなければ、外国為替相場の大切な局面で落ち着いた決断を下すことが難しくなります。

気乗りがしない時は、取引から離れる事も大事な事です。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.galerieevefontaine.com All Rights Reserved.